Manufacturer

メーカー紹介
 CANON

キヤノン株式会社(読みはキャノン、英: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。芙蓉グループ。

東証一部およびニューヨーク証券取引所(ティッカー:CAJ)上場企業であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。

製販が分離しており、マーケティング・販売業務は、地域統括販売会社(キヤノンMJ (CMJ)、キヤノンUSA、キヤノンヨーロッパ、キヤノン中国(佳能)、キヤノンオーストラリア)を中心に展開されている。

 

【メーカー情報ページ】

 

 Nikon

株式会社ニコン(英: Nikon Corporation)は、日本の光学機器メーカー。

カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。

現在の社名「ニコン(Nikon)」は、元は、戦後に参入した35mmフィルムカメラの商品名ないしブランド名である。アメリカ合衆国では「ナイコン」と発音されているが、他では「ニコン」の発音が主流である。

 

【メーカー情報ページ】

 

 SONY

ソニー株式会社(ソニー、Sony Corporation)は、東京都港区に本社を置く日本の多国籍コングロマリット企業。

世界首位のCMOSイメージセンサ、ゲームなどのハードウェア分野をはじめ、映画、音楽分野にも重点を置いている。

その他、ソニーグループの子会社を通じて銀行業、生命保険業、損害保険業、不動産業、放送業、出版業、アニメーション制作事業、芸能マネージメント事業、介護事業、教育事業、電気通信事業などを手がける。かつては化学工業、小売業、パソコン、白物家電・化粧品、飲食店、旅行業なども手がけていた。その他、ソニー教育財団、湘北短期大学の設立にも関わっている。

2018年度のグループ会社数は1,733社で、日立製作所より400社以上多く、日本1位である。

 

【メーカー情報ページ】

 

 OLYMPUS

オリンパス株式会社(英語: Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。

医療事業・科学事業・映像事業の3つの分野で、内視鏡、顕微鏡、デジタルカメラ、小型録音機などの光学機器、電子機器を製造・販売している。事業分野別にみたオリンパスグループの売上比率は、医療が80%、科学が13%、映像が6%など(2019年3月期)。カメラ部門ではニコン、キヤノンに次ぐ事業規模。

オリンパスの社名は、ギリシャ神話で神々が住む山とされるオリンポス山にちなむ。これは創業時の社名である「高千穂製作所」の由来である高千穂峰が、日本神話において神々が集う山とされているためで、顕微鏡などのブランドネームに使用したことに由来している。

 

【メーカー情報ページ】

 

 FUJIFILM

富士フイルム株式会社(ふじフイルム、英: FUJIFILM Corporation)は、日本の精密化学メーカーである。

カメラ、デジタルカメラ、一般・エックス線写真・映画用フィルムから印画紙(プリント)、現像装置などに至る写真システムの一式、複写機などのOA機器などのほか、ディスプレイ用フィルム部材、刷版、印刷システム、医薬品、医療機器、化粧品、健康食品や高機能化学品も製造・販売している。

2006年(平成18年)10月1日に持株会社制に移行、旧・富士写真フイルムは富士フイルムホールディングス株式会社となり、同社の事業を引き継ぐ事業会社「富士フイルム株式会社」を新設し、富士フイルムホールディングスの傘下に富士フイルムと富士ゼロックスを置く体制となった。これを機にCIロゴマークが変更され、永年使われた「FUJI」の組み合わせマークは廃止。ローマ字「FUJIFILM」のマークをアレンジし、FUJIのIの部分を赤と黒の2色配列として、フィルム・写真事業以外の新分野に挑戦する姿勢を打ち出すものにした。

 

【メーカー情報ページ】

 

 Panasonic

パナソニック(英: Panasonic)は、日本の大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位の売上高を誇る。

38の事業部からなる社内カンパニー制を採用しており、連結対象会社数は592社である。関連会社も含め、家電製品の他にも産業機器・通信機器・住宅設備・環境関連機器などの電気機器を中心に多角的な事業を展開している。以前はコンシューマー向け製品・サービスに力を入れていたが、2013年から企業向け製品・サービスの比率を上げる方向へと転換した。現在では売り上げ全体に占める家電の割合は24%である。松下電工の合併および三洋電機を連結対象に収めた現在は、車載設備・住宅設備・エネルギーマネジメント機器などを核とした成長戦略を加速させている。様々な分野や製品で国内外企業と競合しつつも、ソニー・東芝・日立製作所・オリンパス・富士フイルムなどと提携・合弁・事業移管も行っている。

 

【メーカー情報ページ】

 

 PENTAX

ペンタックス(PENTAX)は、レンズ、カメラ、デジタルカメラ、天体望遠鏡、内視鏡などのブランド名。

リコーイメージング株式会社が製造販売するデジタルカメラ、双眼鏡、セキュリティカメラ用レンズ等光学機器、HOYA株式会社が製造販売する内視鏡、喉頭鏡、人工骨、音響・音声解析ソフトなどの医療関連製品、TIアサヒが製造販売する測量機、セイコーオプティカルプロダクツが製造販売する眼鏡レンズで使用される。

リコーイメージング株式会社は、日本の大手光学機器メーカーであり、かつての名称は旭光学工業株式会社。日本初の一眼レフカメラ「アサヒフレックスI」、世界初のフラッシュ内蔵オートフォーカス一眼レフカメラ「SFX」を発売するなど、高い技術開発力を誇っていた。

 

【メーカー情報ページ】

 

 SIGMA

株式会社シグマ(英:SIGMA Corporation) は、日本の光学機器製造企業。神奈川県川崎市麻生区に本社を置く。旧社名はシグマ研究所。一眼レフカメラ用交換レンズが主力で、カメラ用レンズメーカーとして認識されているが、カメラ本体も製造している。他メーカーが製品を海外生産に移行するなか、ほとんどの製品を福島県の会津工場で生産している。

デジタルカメラ用大口径標準ズームや超音波モーター搭載の標準レンズを開発している。多様なレンズを生産するとともに、他のレンズメーカーに先駆けて超音波モーター(同社HSM ;Hyper Sonic Motor) や手ぶれ補正機構(同社OS :Optical Stabilizer)などの技術を導入した。

またフォーサーズ・システムに早期に賛同し、近年では、ミラーレスカメラ専用設計のレンズも製造している。

 

【メーカー情報ページ】

 

 TAMRON

株式会社タムロン(英: Tamron Co., Ltd )は、日本のレンズメーカー。埼玉県さいたま市見沼区に本社を置く。

1950年泰成光学機器製作所として創業。自社ブランドで各社一眼レフカメラ用交換レンズやミラーレスカメラ用交換レンズを販売している。

産業用には、監視カメラレンズ・カメラの製造や、マシンビジョン用レンズを販売している。

同社のブランドであり、社名の「タムロン」は、光学設計の第一人者であり同社の光学技術の基礎を築いた田村右兵衛の姓を由来としたもの。

 

【メーカー情報ページ】

 

 JVC

株式会社JVCケンウッド(ジェーブイシーケンウッド、英語: JVC KENWOOD Corporation)は、神奈川県横浜市神奈川区に本社を置く、映像機器・音響機器・無線機器・音楽映像ソフトメーカーである。

2008年(平成20年)10月1日に、日本ビクター株式会社と株式会社ケンウッドが経営統合のため、共同で株式移転を行い、両社の持株会社・JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社として設立した。

2011年8月1日に、JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社から株式会社JVCケンウッドに商号変更し、同年10月1日には傘下の3事業会社(日本ビクター株式会社、株式会社ケンウッド、J&Kカーエレクトロニクス株式会社)を吸収合併して、事業会社となる。

 

【メーカー情報ページ】

 

 GoPro

GoPro(ゴープロ)とはアメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオの企業GoPro, Inc.(旧称:Woodman Labs)および同社が所有する探検での撮影向けのヘルメットカメラといったウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドである。

プロからアマチュアに至るまで幅広く使われ、放送局各社でもGoProは番組撮影に多く使われている。

この会社を設立したのはニック・ウッドマンで会社設立のきっかけとなったのは2002年、サーフィン旅行でオーストラリアに行った時のことで自身のサーフィンを良い形で撮影してもらおうとしたが、アマチュア写真家が十分に近づけなかったのかもしくは入手可能な価格で品質の良い機材を得られなかったのか良い形での撮影ができなかったことによるという。

GoProという名はプロのアングルで撮影できるカメラを実現するために名付けられた。

 

【メーカー情報ページ】

 

 Leica

ドイツの光学機器メーカーであったエルンスト・ライツのブランド。

高級レンジファインダーカメラ「Mシリーズ」や一眼レフカメラ「Rシリーズ」、コンパクトカメラ、プロジェクタ、フィールドスコープ、双眼鏡など、さまざまな製品を開発・販売しており、そのレンズ描写性能などクオリティの高さから現在でもプロカメラマンをはじめアマチュアでもコレクターや愛好者が多い。

またデジタルカメラの分野においてもパナソニックと提携を行なっている他、Rシリーズ用のデジタルカメラモジュールやMシリーズのデジタル版ライカM8の開発・発売、中判クラスのデジタル一眼レフカメラライカS2の開発発表、デジタル一眼レフカメラ共通規格であるフォーサーズシステムへの賛同などが行われている。

 

【メーカー情報ページ】

 

 Carl Zeiss

1846年にイェーナで創業し1889年「カール・ツァイス財団」傘下に入ったドイツの光学機器製造会社カール・ツァイス社

写真レンズ発展の歴史は、カールツァイスなしには語れない。カールツァイス社は十九世紀半ばのドイツ・ケルンでその産声を上げる。カール・ツァイス自ら、厳しい検査に合格しなかった製品は打ち壊し、世に出さなかったという逸話が残っているほど、品質管理には当時から絶対の信頼を誇っていた。そして、エルンスト・アッベとの出会いがレンズに革命をもたらす。
それまで経験に頼っていたレンズ設計を、初めて科学的なアプローチによる光学技術として理論化した。さらに写真レンズの発展を飛躍させたのが、カールツァイス社による全く新しいレンズ光学系の開発。「プロター」「プラナー」「ゾナー」と言った、歴史に残る往年の名レンズの誕生である。色収差の評価に使われる「アッベ数」や、コマ収差と非点収差を抑える「アナスチグマート光学系」、さらにホタル石を用いた「アポクロマート」などの現在も使われている光学技術は、カールツァイスが開発・発展させたものであり、カールツァイスの光学技術の歴史が写真レンズの歴史そのものだと言っても過言ではない。

 

【メーカー情報ページ】

 

 TOKINA

株式会社トキナー(Tokina Corporation)は、かつて存在した日本の光学機器メーカー。所在地は東京都町田市。1950年設立、資本金は9000万円。フィルターなどを販売するケンコーの子会社で、2011年6月1日に同社と合併し発足した株式会社ケンコー・トキナーとなり、同社の一眼レフカメラ用交換レンズのブランド名称として「トキナー」を使用している。

一眼レフカメラの交換レンズの製造およびセキュリティー用システム機器の取り扱いを行っている。デジタル一眼レフ用カメラのレンズの他、近年ではミラーレスカメラ用のレンズを製造・販売している。

 

【メーカー情報ページ】

 

 COSINA

株式会社コシナ(Cosina Co., Ltd. )は長野県中野市に本社を持つ光学機器メーカーである。

会社名は社長の出身地である中野市大字越(越「コシ」+中野の「ナ」)に由来する。

自社一眼レフカメラの製造では知名度を持たなかったが、他社へのOEM供給などで実績を作った。また28mm~210mm交換ズームレンズなど他社も追随するユニークな製品を作り出している。

1999年にはプルス・フォトおよびリング・フォトからドイツの老舗光学器械メーカーであるフォクトレンダー(Voigtländer)の商標使用権を獲得し、以後ライカMシリーズとレンズマウントの互換性を有したレンジファインダーカメラ「フォクトレンダー・ベッサ」シリーズやカール・ツァイス(Carl Zeiss)と共同開発したツァイスブランドの「ツァイス・イコン(Zeiss Ikon)」を発売し、一躍カメラメーカーとしての名を広めた。

 

【メーカー情報ページ】

 

 DJI

DJI(ディー・ジェイ・アイ、中国語: 大疆创新科技有限公司=大疆創新科技有限公司、英語: Da-Jiang Innovations Science and Technology Co., Ltd.)は中国広東省深圳にある会社で、民生用ドローン(マルチコプター)およびその関連機器の製造会社である。

民生用ドローン市場で推定シェア7割のドローンメーカー大手。ドローンの機体本体以外にも、ドローンを制御するフライトシステムや、ドローンに搭載されている映像がぶれないカメラのジンバル技術を生かした手持ちの高性能カメラなども取り扱っている。

 

【メーカー情報ページ】

 

 ZHIYUN

Zhiyun(ジウン) Zhiyun techのジンバル製品はアメリカや中国など、海外でも人気が高く、シンプルながらも高品質なジンバルの製造販売を手掛けている事で有名になり 世界中のプロカメラマン・クリエイターの間で愛用されている最新型の電動スタビライザーのメーカー。

 

【メーカー製品ページ】

 

 FEIYUTECH

Feiyu Techとは、Guilin FeiYu Electronic Technology Co. Ltd.の英語省略名で、2007年8月広西省桂林市に設立されたメーカー。オフィスは国際産業情報パーク内にあり、中国南部では自動制御機器のパイオニア的存在として有名な企業である。

「専門性、高品質、継続的改善」を企業文化として定めており、自己改革と創造性、そして技術の高さを堅持し、顧客に対して高品質でハイテクな製品を提供している。顧客に最良のサービスを提供するために持続可能な開発を追求し続け、高品質でハイテクな製品を製造し続けることを目標としている。

 

【メーカー情報ページ】

 

無料会員登録はこちら